オススメ記事
【必ずインストールを!】Diverに必要な7つのプラグイン
ここで紹介する7つのプラグインは最低限インストールを行いましょう!

この記事で分かること

  • Diverに必要な7つのプラグイン
  • プラグインのインストール方法

Diverに必要な7つのプラグイン

必要なプラグインは下記7つとなります。最低限この7つがあればすぐに困ることはありません。表は横スクロールできます

プラグイン名 役割
Classic Editor 投稿画面をブロックエディタからクラシックエディタへ変更します。クラシックエディタが圧倒的に使いやすいです。
Contact Form 7 お問い合わせページの設置ができます。アドセンス審査やASPからのオファーが頂けることもある為、設置しましょう。
EWWW Image Optimizer 自動で画像を圧縮しWeb表示に最適化してくれます。
Google XML Sitemaps Googleのクローラーがサイトを巡回しやすくします。
PS Auto Sitemap 読者用サイトマップを自動で作成してくれるツールです。
Table of Contents Plus 目次を自動で作成するツールです。
WebSub/PubSubHubbub 記事投稿時にWebへ発信してくれるツールです。

各プラグインの設定方法については下記の記事で紹介しています。

プラグインのインストール方法

プラグインのインストール手順はどのプラグインでも共通となります。

ワードプレスにログインしたら左のメニューより プラグイン→新規追加 をクリックしてください。

下記画像の赤枠部分にプラグイン名を入れて検索します。

必要なプラグインが見つかれば今すぐインストールをクリックします。

インストールが終わったら有効化をクリックします。

有効化をするだけで完了するものもあれば、設定が必要なものもあります。似たような名前のプラグインも多くあり、思っていたのと違う動作をすることもあります。

必ず紹介しているものをインストールしましょう。

各プラグイン画像

必ず下記画像と同じものをインストールしてください。似た名前でも機能や設定方法が違います。

「Classic Editor」で検索。

「Contact Form 7」で検索。

「EWWW Image Optimizer」で検索。

「Google XML Sitemaps」で検索。

「PS Auto Sitemap」で検索。

「Table of Contents Plus」で検索。

「WebSub/PubSubHubbub」で検索。

まとめ

この記事ではDiverに必要な7つのプラグインを紹介しました。

もし分からないことがあればお気軽にコメントを頂けると幸いです。

当サイトはDiverを使用しています
ワードプレステーマ【Diver】
使いやすさとデザインの豊富さが魅力
入力補助機能による圧倒的な使いやすさは初めてテーマを購入する人はもちろん、今までに他のテーマを購入した人でも必ず満足できます!
デザインの豊富さも魅力です。見出し・ボタン・アイコン・リストなど多くのデザインとカスタマイズ可能な配色設定でサイトの統一感を一層際立たせることが出来ます!
  • 17,980円(税込)
  • 複数サイトに使用可能
  • サポートが無期限・無制限
  • 今でも未完成、常に進化を続けている

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事