オススメ記事
アナリティクスとサーチコンソールって何が出来る?

運営者
アナリティクスとサーチコンソールの違いを理解しておこう!

ブロガーにはどちらも必須のツールですが、実は私も最近まで違いを理解していませんでした!

  • サーチコンソールはページ流入前の分析
  • アナリティクスはページ流入後の分析

が出来ます。

サーチコンソールはページ流入前の分析

サーチコンソール(略してサチコ)はサイト流入前の分析が出来ます。

サーチコンソールで出来ること

  • クエリ(検索ワード)の表示回数、順位、アクセス数
  • ページエラーの有無
  • サイトマップの登録
  • インデックス登録の有無
  • ページ改善ポイントの考察

クエリ(検索ワード)の表示回数、順位、アクセス数

クエリとはGoogleなど検索サイトに入力された文字列のことです。ユーザーの質問と言い換えることもできます。そのクエリであなたのサイトが何位に表示されたのか、アクセスがあったのかがわかります。

表示回数:100回
アクセス数:3回
順位:23位

などというように表示されます。

注意

サーチコンソールでわかるクエリとSEOツールで分析するキーワードは似ているようで違います。記事で狙っているキーワードが「30代 転職」だった場合、SEOツールでは「30代 転職」でのサイト順位がわかるのに対し、サーチコンソールでは「30代 エンジニア 転職」での順位や「30代 都内 転職」など関連キーワードでの結果も表示されます。サーチコンソールの場合は「30代 転職」でヒットしていない場合は一覧にも表示されません。

サーチコンソールは無料で便利なツールなので必ず利用するべきです。余裕があればSEOツールも使うと良いと思います!狙ったキーワードでの順位がダイレクトにわかるので、サイトがどれだけ育成出来てきたのかの指標にもなります!

初心者にオススメの簡易版SEOツール【順一くん】
【お試し2週間無料!】1キーワード10円の格安SEOツール
高機能なSEOツールはたくさんある中で、これだけシンプルで格安なサービスはありませんでした。1キーワード10円で最低50キーワード、月額500円で利用可能です。さらに、今なら2週間無料なので、使い勝手が良くなかったということがあれば期間内に解約をすれば当然料金が発生することはありません!
SEOツールで有名なUbersuggestは月額2,999円と初心者には手を出しにくい価格です。他にもたくさんの高機能があるものも多いですが、一番大切なのは記事を書くことです。「順一くん」はブロガー本来の記事を書くことに集中してもらう為、最低限の機能だけを1キーワード10円、最低50キーワードで月額500円で利用可能です。

ページエラーの有無

ページエラーの有無については、HTMLなどの構造的な問題がないかをチェックしてくれます。
エラーがある場合には表示されますので必ずチェックしておきましょう!
問題を放置しておくと検索順位が落ちることもあります。

サイトマップの登録

サイトマップが登録できます。サイトマップには2種類あります。

  • 読者の利便性を高めるための記事一覧
  • クローラー(検索サイトを巡回するロボット)用に用意するもの

サーチコンソールに登録するのは後者のクローラー用のものとなります。

Diverではプラグインを2つインストールすることで、両方の記事一覧を作成できます。

インデックス登録の有無

インデックス登録の有無をチェックできます。インデックス登録とは、Googleの検索結果に表示される状態になっているかどうかです。

クローラーがサイトを巡回し、インデックスに登録するかどうか決めます。そのため、クローラーがサイト内を迷わないようにするためにも、前述のサイトマップを作成する必要があります。

ページ改善ポイントの考察

サーチコンソールで最も重要なポイントはページの改善点を分析できることです!

活用例

【転職 30代】で100回表示されたけど3回しかクリックされていない場合
上位10位以内に表示されているならタイトルが魅力的じゃないので変更しよう
掲載順位が低いなら内容が魅力的じゃないのでリライトしよう

というように分析が出来ます。上位10位以内に表示されているならクリック率は20%は欲しいところですね。

アナリティクスはサイト流入後の分析

アナリティクスはサイト流入後の分析が出来ます。

アナリティクスで出来ること

  • ページの滞在時間、直帰率
  • どこから流入したのか
  • ユーザーの端末
  • リアルタイムの訪問数
  • 新規ユーザーかリピートユーザーか
  • アクセスしてきた地域
  • CVR計測

    このような様々な項目を分析出来ますが、ブログを始めたばかりであればページの滞在時間、直帰率を見ておけば問題ありません!

    ページの滞在時間、直帰率

    初心者でも滞在時間と直帰率はしっかりチェックするべきポイントです!滞在時間が長ければ、ユーザーがしっかり読んでくれたという指標になります。直帰率とは該当ページだけ見て他のページを見なかった率になります。

    滞在時間が極端に短い場合サイトの読み込みに時間がかかり離脱してしまった?サイトがぱっと見で見にくかった?

    直帰率が高い場合内部リンクを増やしてもいいかも?

    運営者
    理想は直帰率が低く滞在時間が長いサイトです!

    CVR計測

    CVRとはConversion Rateの略となり、成果を達成した率となります。

    アクセスが増えてきて本格的に収益化していく際に重要になる数値です。メルマガ登録やLPへの誘導など、数値でわかるようになります。

    活用例

    訪問者100→販売ページ到達30→成約5のサイトで成約を10に増やしたい
    訪問者を倍の200にすれば、成約も10になるのではないか
    訪問者を倍にするのは難しい。販売ページに到達する数を60に上げるために、商品の魅力をもっと伝えよう
    販売ページを改善したけど成約が増えない。キャンペーンで特典を付けて成約を増やそう

    ここまで分析できるサイトに育てるには時間がかかりますが、これが出来ると収益もどんどん増やすことが出来るでしょう!

    CVR計測の本当の目的

    広告で集客をしていればCV単価が測定出来ます。
    広告に1万円かけCVが5であれば、CV単価は2,000円となります。
    販売している商品が売れた時の利益も考えた時に、目標とするCV単価が見えてきます。
    広告を出していない場合、広告費にいくら使えるのかを逆算することが出来ます。
    CVでの利益が5,000円、CVRが10%とした場合、1万円の広告を出し20人が販売ページへ来てくれると2人が買ってくれる計算となります。
    目標とする利益と広告費、CVRで戦略を練る必要があります。

    少し難しい話になってしまいましたが、このように戦略的に運営していけると面白くなります!

    まとめ

    今回の記事ではサーチコンソール・アナリティクスの役割について解説しました。わからないことがあればお気軽にコメントを入れて頂けると幸いです。

    当サイトはDiverを使用しています
    ワードプレステーマ【Diver】
    使いやすさとデザインの豊富さが魅力
    入力補助機能による圧倒的な使いやすさは初めてテーマを購入する人はもちろん、今までに他のテーマを購入した人でも必ず満足できます!
    デザインの豊富さも魅力です。見出し・ボタン・アイコン・リストなど多くのデザインとカスタマイズ可能な配色設定でサイトの統一感を一層際立たせることが出来ます!
    • 17,980円(税込)
    • 複数サイトに使用可能
    • サポートが無期限・無制限
    • 今でも未完成、常に進化を続けている

    Twitterでフォローしよう

    おすすめの記事