オススメ記事
【Diver必須プラグイン】Classic Editorの設定方法

この記事で分かること

  • Classic Editorの初期設定
  • Classic Editorのカスタマイズ方法
プラグイン名 役割
Classic Editor 投稿画面をブロックエディタからクラシックエディタへ変更します。ブロックエディタは使いにくいため、クラシックエディタの使用をオススメします。

Classic Editorの初期設定

Diverを利用するのであれば必ず入れてほしいプラグインです。投稿画面をブロックエディタからクラシックエディタへ戻すことが出来ます。ブロックエディタは使いにくいため、必ずインストールしましょう。

「Classic Editor」と検索して、こちらをインストール&有効化します。

有効化したら 投稿 → 新規追加をクリックします。

下記のような画面になっていれば問題ありません。

もしもこちらのようなブロックエディタになっている場合は設定を変更します。

ブロックエディタからクラシックエディタへの変更方法

設定 → 投稿設定をクリックします。

デフォルトエディタがClassic Editorになっているか確認してみて下さい。

Classic Editorのカスタマイズ方法

Classic Editorは別のプラグインを使うことで、ボタンの位置設定や必要なボタンの追加などが簡単にできます。Advanced Editor Tools (previously TinyMCE Advanced)というプラグインになります。

  • Classic Editorのみの場合

  • Advanced Editor Toolsの初期設定

  • Advanced Editor Toolsのカスタマイズ後

記事投稿に必要な項目は限られてくるため、不要なものを無くすことでスッキリして操作性も良くなります。

まとめ

この記事ではClassic Editorの設定方法について解説しました。
もし分からないことがあればお気軽にコメントを頂けると幸いです。

当サイトはDiverを使用しています
ワードプレステーマ【Diver】
使いやすさとデザインの豊富さが魅力
入力補助機能による圧倒的な使いやすさは初めてテーマを購入する人はもちろん、今までに他のテーマを購入した人でも必ず満足できます!
デザインの豊富さも魅力です。見出し・ボタン・アイコン・リストなど多くのデザインとカスタマイズ可能な配色設定でサイトの統一感を一層際立たせることが出来ます!
  • 17,980円(税込)
  • 複数サイトに使用可能
  • サポートが無期限・無制限
  • 今でも未完成、常に進化を続けている

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事