オススメ記事
Diver(ダイバー)とjin(ジン)でデザイン以外の違いとは?

運営者
ブログ歴約3年、月5桁稼ぐ駆け出しブロガーの私が解説します!

POPで人気なテーマjinと当サイトで推しているDiverを比較してみました。これからテーマを購入する人の参考になればと思います!

基本項目比較

まずは基本的な価格やサポートについてなど、基本項目の一覧になります。

Diver(ダイバー) jin(ジン)
価格 17,980円(税込) 14,800円(税込)
オプション価格 なし なし
発売日 2017年? 2017年?
最新アップデート 2020年8月12日 2020年8月12日
ライセンス 複数のサイトで利用可能(※購入者本人の運営するものに限る) 複数サイトでご利用頂けます。
サポート 無期限・無制限 フォーラムのみ
作成者 高木 貴人 アフィリエイターのひつじ(@hituji_1234)さんとATLASの開発者でもある赤石カズヤさん(@cps_kazuya)が共同制作。
作成者の背景 企業へ納品してきたノウハウを生かした実績・知識・経験を活かして開発。サイト運営、受託制作、アフィリエイトプログラム開発にも携わり、アフィリエイトの表も裏も熟知した開発陣。 アフィリエイターのひつじ(@hituji_1234)さんはTwitterでも6万人以上のフォロワー数を誇る。ブロガーなら一度は目にしたことがあるのでは?というくらい有名な方。
どこで買える? 公式サイト

jin公式サイト
Diverのサポート範囲
テーマの導入後もCSSなどわからないことがあれば、無期限・無制限でサポートしてくれます!開発陣自らサポートしてくれるので、正確な回答が得られます。
jinのサポート範囲
サポートはフォーラムで行っています。その為、必要な回答が必ず得られるわけではありません。

運営者
サポートの部分でDiverが一歩リードしています!

サイト全体のデザイン

運営者
デザイン着せ替え機能は初心者には嬉しいポイントかも!

jinにはデザイン着せ替え機能があります。一方Diverではデザイン着せ替え機能はありません。

jinではこのようなテンプレートをダウンロードしてサイトに反映されることが出来ます。

出典:jin公式サイト

まずはテンプレートで進めていき、必要になればカスタマイズしたいという人には最適ですね。jinはPOPなふんわり系のデザインなので、イラストなどを多用して読者に近いフレンドリー系なサイト構成が合いそうです!

逆に、最初からデザインにこだわって細かく設定したいという人であればDiverが良いかと思います!後ほども解説しますが、Diverではウィジェットエリアが多く設定されています。設定できる数が多いとそれだけオリジナルにカスタマイズできます!

Diverでもテンプレートが配布されていれば…と私は常々思っていました。そこで当サイトから購入頂くと特典としてCTAや共有コンテンツテンプレートを配布しています!特典は今後も増え続け、TOPページカスタマイズやLPテンプレートなども配布予定です!

また、Diverの公式デモサイトではカスタマイズの詳細方法が解説されています。若干経験者向けと感じる点もあるので、当サイトでは補足したり公式サイトには記載されていない使い方などについても紹介しています!

投稿エディタの使いやすさ

運営者
他のテーマを使ったことがある人程感動する、投稿エディタの使いやすさ!

ブログを収入に繋げるためには記事を100本投稿する、というのがブロガーの通説になっています。それを考えた時にいかに投稿をしやすいエディターなのかは重要なポイントだと考えています。

私は以前のテーマからDiverに変えた時に入力補助機能の便利さに感動しました。


使ってみないとこの便利さはわからないかもしれませんが、装飾を選び入れたい文字を入力するだけで装飾済みのものが投稿に入ります。

一方jinでは装飾をツールバーから選ぶタイプになります。アイコンやショートコードから選んで追加する一般的なタイプです。

出典:jin公式サイト

多くのテーマがこのタイプで、決して使いにくいわけではありません。しかし、Diverの入力補助機能を上回るとは言いにくいです!

運営者
エディターの使いやすさについてはDiverがリードしています!

ブロックエディタ(Gutenberg)対応について

Diverもjinもクラシックエディタというプラグインの導入が推奨されています。現在のワードプレスでは標準でブロックエディタ(Gutenberg)となっています。

個人的にはブロックエディタ(Gutenberg)はとても使いにくいので、クラシックエディタの使用をオススメします!
ただし、クラシックエディタの公式サポートは2021年12月31日までの予定となっています。

今後の利用を考えた時にブロックエディタ(Gutenberg)対応かどうかは重要なポイントです!Diverもjin対応していますが、jinでは今後を見越してとても丁寧なマニュアルが作られています。この点は高ポイントです!

jinのブロックエディタ(Gutenberg)マニュアル

AMP/PWA対応について

AMPとは?
ページのHTMLをキャッシュ(一時保存)して読み込みを早くする技術です。GoogleとTwitterが共同開発しました。
PWAとは?
アプリのようにオフラインでも動作したりプッシュ通知が出来る技術です。通信環境が悪くてもユーザビリティを損なわない。

AMPについては私は重要視しておらず、使っていません!もちろん、使ったほうがSEO的に良いなどと言われますが、それよりもデメリットの方が多いと考えています!

私の考えるAMPのデメリット

  • レイアウト崩れが起こることがある
  • GoogleアドセンスもAMP対応のコードを入れる手間がある
  • Googleアナリティクスも標準サイトとAMPサイトで設定する手間がある

運営者
jinはどちらも対応しておらず、DiverはAMPのみ対応しています

DiverでAMP設定をしたい場合は記事のチェックボックスをONにするだけで設定可能なので、使いたい場合には簡単に利用ができます!jinでは標準装備ではAMP設定は出来ませんので、必要に応じてプラグインのインストールなどが必要となっています。

装飾の豊富さ

装飾が豊富なのはDiverもjinも共通です!比較するポイントは装飾の自由度になります。

Diverでは装飾を挿入する際に色やアイコンを選択出来ます!例えば下記の枠を入れる際にアイコンの有無やカラーの変更が、入力補助機能から簡単に行えます!

アイコン無しのシンプルな枠
アイコンありの枠

jinでも装飾自体は豊富にあります。しかし、色の設定やアイコンの設定は ダッシュボード→「外観」→「カスタマイズ」から変更する必要があります。毎回決まったアイコンや配色でOKという人には問題ありませんが、記事毎に装飾をカラフルにしたいなどの場合には苦労しそうですね。
参考:jin装飾機能一覧

ウィジェット数(カスタマイズ性)

ウィジェット数=カスタマイズできるエリア になります。Diverでは最低でも21か所の設定ができるようになっています。タブウィジェットエリアは後から追加できるので数に入れてません。

jinでは10か所となっています。

出典:jin公式サイト

運営者
Diverのように多いと悩んでしまうけど、サイトを作りこみたい人にはたまらない機能!

投稿設定

運営者
noindex設定とcanonical設定の両方が出来るのはDiverです

canonical設定の有無

canonical設定とは?

内容が似たページのURLを1つにまとめる機能です。例えばwordpress01とwordpress02とwordpress03というページがあり、どれも01とほぼ同じ内容の場合に02.03のページにcanonical設定をします。

設定をしないと01.02.03それぞれにGoogleの評価がつきますが、設定をすることで01に評価が集約されます。これにより01の評価が高まり上位表示される可能性が高くなります。

noindex設定の有無

noindex設定とは?
Googleの検索結果に出さなくていいよ、という設定です。記事を書いたもののGoogleの評価が低く上位表示されない場合、そのコンテンツを検索結果に出しておく必要はありません。それによりサイト全体の評価も上がり、他の記事も上位表示されやすくなると言われています。

Diverでもjinでもnoindex設定は出来ます。canonical設定についてはDiverのみが対応しています。

最初の頃には使うことのない機能ですが、今後記事が多くなった際には必要な機能です!すぐに使うことは少ないですが、設定できるかどうかは大きなポイントとなります。

投稿一覧画面

投稿一覧画面はDiverもjinも差はありません。逆にここに力を入れているのはTHE THORになります!

口コミ比較

【Diver・jinの優秀なポイント】まとめ

Diverのここがスゴイ!

運営者
入力補助画面の使いやすさ抜群!

Diverを選んだ人が評価しているポイントは

  • 入力補助画面の使い勝手が抜群
  • 装飾の豊富さが魅力的
  • サポートが無期限・無制限

になります。記事をたくさん投稿するブロガーには毎日の使い勝手が良く、いかにストレスなく作業できるかは重要なポイントです!

jinのここがスゴイ!

運営者
開発者のひつじさんの信頼とPOPなデザイン性が魅力!

jinを選んだ人が評価しているポイントは

  • デザイン着せ替え機能は初心者にはありがたい!
  • POPなデザインで親しみやすい
  • ユーザーが多く仲間意識が強い

になります。機能よりも開発者のひつじさんのファンだったり、使用しているユーザーのPOPなブログデザインに惹かれて使っている人が多い印象です!

【結論】Diver・jin比較

Diverかjinかを選ぶには3つのポイントがあります。

  • デザイン性
  • 操作性
  • サポート

デザイン性について

POP系のデザインが良ければjin、スタイリッシュ系のデザインが良ければDiverを選ぶべきでしょう!

操作性について

記事に装飾をたくさんしたいなら、入力補助機能があるDiverがオススメ!

サポートについて

自分ひとりじゃ不安、今後CSSもカスタマイズしたいのであればDiverの無期限・無制限サポートは強い味方!
実際に私もサポートに連絡してみたところ、本当に返信が来ました!その時の内容はコチラ

運営者
これからまだまだ記事を増やしていくのであれば、投稿しやすいDiverがオススメ!

Diverを当ページから購入頂くと下記の特典があります!

Diver画像イメージ
  • CTAテンプレート(配色3パターン、購入誘導タイプ、メルマガ登録タイプ)
  • 共有コンテンツテンプレート(購入誘導タイプ、メルマガ登録タイプ)とウィジェットへの設定方法
  • LPテンプレート(購入誘導タイプ、メルマガ登録タイプ)※今後提供予定(2020.11.09現在)
  • TOPページカスタマイズテンプレート※今後提供予定(2020.11.09現在)
  • 再配布可能な素材集300点以上
 他のサイトでは特典がたくさんあり数万円相当をウリにしているのを見かけます。実際に購入してみると、何年前の情報?ということや質が低すぎて使えないということが多々あります。

当サイトでは「●万円分!」という煽るような特典の付け方はしていません。

これからDiverを使う人に役立つものを提供したいと思っています。当サイトではDiverで収益化させるのに必要なCTA、共有コンテンツのテンプレートをお渡しします。これを基にカスタマイズが容易に行えます。これらの特典は購入時に配布するパスワードを入力することでいつでも見ることが出来ます。

Diverと同じように私の特典も時代に合わせて進化させていきます!

今後提供していく特典も同様のパスワードで見れるようにしますので、後から買ったほうがお得ということはありません!むしろ、早めに購入してDiverを使いこなして収益化をした方が良いでしょう!

私もDiverを常にカスタマイズしていますので、その中で新たに使える!というものがあれば追加していきたいと思います。当サイトから購入頂いた方を出来る限りサポートしていき、激動の時代を一緒に乗り切りましょう!Diverと同じように私の特典も時代に合わせて進化させていきたいからです。

当サイトはDiverを使用しています
ワードプレステーマ【Diver】
使いやすさとデザインの豊富さが魅力
入力補助機能による圧倒的な使いやすさは初めてテーマを購入する人はもちろん、今までに他のテーマを購入した人でも必ず満足できます!
デザインの豊富さも魅力です。見出し・ボタン・アイコン・リストなど多くのデザインとカスタマイズ可能な配色設定でサイトの統一感を一層際立たせることが出来ます!
  • 17,980円(税込)
  • 複数サイトに使用可能
  • サポートが無期限・無制限
  • 今でも未完成、常に進化を続けている

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事