オススメ記事
【Diver入力補助機能】見出し入力の効率化
Diverの見出しは入力補助設定と外観カスタマイズで効率化!

この記事で分かること

  • Diverの見出し入力を効率化する方法

この記事を読んで得する人

  • Diverの見出しで使うデザインが決まっている人

Diverの見出しは入力補助設定と外観カスタマイズで効率化

Diverの見出しは11種類のデザインがあります。豊富なデザインを選べる一方で、11種類すべてを日常的に使う人は少ないでしょう。

実際に私は多くても3種類しか使うことはないため、入力補助設定と外観カスタマイズに設定し効率化をしています。

Diverの見出し入力の効率化

11種類のどのデザインを使うかは決まっていないけど、サイトの配色は決めているのでそれに合わせた設定がしたい場合

ワードプレスメニューから Diverオプション → 入力補助設定をクリックします。

見出しの項目があるので、デフォルトの8色 もしくはカスタムで色を設定しましょう。

ここでカラーを設定しておくと、記事投稿で入力補助→見出し をクリックした際に設定した色が選択されている状態となります。

使うデザインもカラーも決めているので入力作業を効率化したい

上記の手順だと毎回デザインを選ぶ必要があります。使うデザインが決まっていれば、もっと効率的に入力する方法があります。

ワードプレスメニューから 外観 → カスタマイズ をクリックします。

デザイン設定②をクリックします。

h2(見出し2)設定~h5(見出し5)設定までありますので、お好みでカスタマイズが出来ます。最後に公開のクリックを忘れずに行いましょう。

効率化した入力方法

投稿画面でビジュアルタブを選択し、見出しにしたいテキストを入力します。

見出しに変更したい文章を選択します。

段落をクリックし、見出しを選択します。外観 → カスタマイズ → デザイン設定② で選択している見出しが挿入されます。

ショートカットが使えるとさらに早くなります。文字を選択し「Shift+Alt+2」で見出し2になります。

私の場合はこのようになります。

全て変換するとこのようになりました。

「あれ、カスタマイズした内容と表示されているものが違う?」と思ったら鋭いです。プレビュー画面で実際に選んでいるレイアウトで表示されます。

まとめ

この記事では見出し入力の効率化について解説しました。毎回違うタイプの見出しやカラーにすると、にぎやかなブログになってしまうので私は統一しています。

もし分からないことがあればお気軽にコメントを頂けると幸いです。

当サイトはDiverを使用しています
ワードプレステーマ【Diver】
使いやすさとデザインの豊富さが魅力
入力補助機能による圧倒的な使いやすさは初めてテーマを購入する人はもちろん、今までに他のテーマを購入した人でも必ず満足できます!
デザインの豊富さも魅力です。見出し・ボタン・アイコン・リストなど多くのデザインとカスタマイズ可能な配色設定でサイトの統一感を一層際立たせることが出来ます!
  • 17,980円(税込)
  • 複数サイトに使用可能
  • サポートが無期限・無制限
  • 今でも未完成、常に進化を続けている

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事