オススメ記事
【Diver入力補助機能】ボタンの種類数・作成方法
Diverのボタンは13種類のデザインがあります!

この記事で分かること

  • Diverボタンの13種類のデザイン一覧
  • Diver入力補助機能のボタン作成方法

Diverのボタンは13種類のデザイン

Diverのボタンは13種類のデザインがあります。

細かな設定ができるので解説していきます。

Diver入力補助機能のボタン作成方法

入力画面はこちらになります。

色については見出しと同じくデフォルトの8色とカスタムで設定することが出来ます。

アイコンを入れることもできます。

大きさを「大」「中」「小」で並べてみました。

オプションの「ブロック」はセンター揃え、「インライン」は左揃え、「フルサイズ」は画面いっぱいに表示されます。スマホではほぼ同じです。

13種類のデザイン×デフォルトの8色×オプション3種×大きさ3種=936通の設定になります。さらに、アイコンや色のカスタマイズなどもあるので、デザイン性は無限大です。

まとめ

この記事ではボタンの種類一覧と作成方法について解説しました。

もし分からないことがあればお気軽にコメントを頂けると幸いです。

当サイトはDiverを使用しています
ワードプレステーマ【Diver】
使いやすさとデザインの豊富さが魅力
入力補助機能による圧倒的な使いやすさは初めてテーマを購入する人はもちろん、今までに他のテーマを購入した人でも必ず満足できます!
デザインの豊富さも魅力です。見出し・ボタン・アイコン・リストなど多くのデザインとカスタマイズ可能な配色設定でサイトの統一感を一層際立たせることが出来ます!
  • 17,980円(税込)
  • 複数サイトに使用可能
  • サポートが無期限・無制限
  • 今でも未完成、常に進化を続けている

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事