オススメ記事
【図解で分かりやすい】Diverのインストール方法
インストールは親テーマ→子テーマの順にインストールしましょう!

この記事で分かること

  • Diverのインストール方法
  • Diverがインストールされたか確認する方法

Diverのインストール方法

購入してからの手順を画像を入れてわかりやすく説明します。

ワードプレスにログインし、左のメニューにある 外観 → テーマ をクリックします。

新規追加をクリックします。

テーマのアップロードをクリックします。

ファイルを選択をクリックします。

必要なファイルは下記2つ「diver」「diver-child」です。zipファイルのままで問題ありません。解凍するとアップロード出来ませんのでご注意ください。

あらかじめデスクトップなどわかりやすい場所に置いておくと操作しやすいですね。

Diverテーマのインストール順番

インストールは親テーマ → 子テーマの順に行います。

親テーマ・子テーマとは?
スマホに例えて説明すると
・親テーマ → iPhone本体
・子テーマ → iOSのソフトウェア となります。私たちが編集するのは子テーマとなり、アップデートがあっても子テーマをカスタマイズした内容は残ります。

まずは親テーマをインストールします。ファイルを選択をクリックし、「diver」をクリックします。「diver.zip」と表示されますので今すぐインストールをクリックします。

下記の画面になりインストールが完了したら、「テーマのページに戻る」をクリックします。

同様の手順で子テーマをインストールします。ファイルを選択で「diver-child」を選びます。画面に「diver-child.zip」と表示されたら今すぐインストールをクリックします。

子テーマをインストールした際は「このテーマには親テーマが必要です。(中略)インストール済みです。」と表示されます。ここに表示されている有効化をクリックすれば完了です。

Diverがインストールされたか確認する方法

子テーマのインストール後に有効化をクリックし忘れた場合や、本当にインストールされているのかを確認は下記手順で行えます。

ワードプレスの左にあるメニューから 外観 → テーマ をクリックします。

下記のように「有効:diver_child」となっていればインストールされ有効になっています。

有効:diver_childになっていない場合

他のテーマをインストールしていなければ下記のように他のテーマが有効になっているはずです。diver_childへマウスを持っていくと有効化と表示されますので、こちらをクリックします。

サイトを確認する方法

上記のテーマページで「有効:diver_child」となっていれば問題ありませんが、念のためにサイトへ反映されたかを確認してみましょう。管理画面上部のサイト名をクリックします。

初期設定の「Twenty Twenty」が有効化されている場合は下記の表示となります。この場合はDiverを有効化する必要があります。

Diverが有効化されていれば下記のように表示されます。サイトのデザインが大きく変わりますので、すぐにわかりますね。

まとめ

この記事ではDiverのインストール方法について解説しました。次にプラグインのインストールを行っていきましょう。詳しくはこちらの記事で紹介しています。

もし分からないことがあればお気軽にコメントを頂けると幸いです。

当サイトはDiverを使用しています
ワードプレステーマ【Diver】
使いやすさとデザインの豊富さが魅力
入力補助機能による圧倒的な使いやすさは初めてテーマを購入する人はもちろん、今までに他のテーマを購入した人でも必ず満足できます!
デザインの豊富さも魅力です。見出し・ボタン・アイコン・リストなど多くのデザインとカスタマイズ可能な配色設定でサイトの統一感を一層際立たせることが出来ます!
  • 17,980円(税込)
  • 複数サイトに使用可能
  • サポートが無期限・無制限
  • 今でも未完成、常に進化を続けている

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事