オススメ記事
ブログ記事のキーワード選び方!センスと勘は不要!

上位表示されやすいキーワードを選んでいますか?

とも
センスと勘で記事を書くのではなく、データを基にキーワードを選ぼう!

競合の少ないキーワードから攻める

初心者が競合の多いキーワードで記事を書いても上位表示される可能性は限りなく低いです!

例えば【転職】というキーワードで上位表示を狙っても勝ち目がありません。そこで、2語・3語ワードというものを狙っていきます。

【30代 転職 四国】や【転職 トリリンガル 外資】など、【転職】だけでなく付随する他のキーワードを含めるということです。

とも
そのキーワードはどうやって探したらいいの?というところだけど…

関連キーワード取得ツールでキーワードを取得し、キーワードボリューム測定ツールでどのくらい検索されているか調べます。

関連キーワード取得ツール

関連キーワード取得で代表的な3つの方法を紹介します。

  • goodkeyword
  • ラッコキーワードオススメ
  • 検索サジェスト

goodkeyword

goodkeywordは無料で利用できるツールです。キーワードを入力すると関連ワードの一覧が出てきます。goodkeywordスクショ

このように一覧が出てきます。右にある赤枠をクリックするとすべてのワードが選択されるので、コピーが可能です。goodkeywordスクショ2

ただ、同じキーワードでも表示されるキーワード数がラッコキーワードの方が多いので、基本はラッコキーワードの使用を推奨します!

ラッコキーワード

ラッコキーワードも使い方はgoodkeywordとほぼ同様です。違う点としてはかわいいラッコがいることだと思ってます。

あと、同じキーワードでもラッコキーワードのほうが多くのキーワードが出てくるので、こちらの方が良い。

Goodkeywordでは172件だったけど、ラッコキーワードでは894件出てくるので全然違うんです。

単にラッコがかわいいだけじゃないってことw

ラッコキーワードの唯一の弱点は、会員登録しないと1日20キーワードまでしか調べられないということ。

メールアドレスを登録するだけの無料会員登録なので、登録推奨!

ラッコキーワードはコチラ

Googleサジェスト

これは検索窓に文字を入れたときに出てくるワードです。

表示されるワードは検索数の多いものになるので、競合は多いです。

手軽に調べたい時にはオススメですが、コピペなどもできないのであまりオススメはしません。

キーワードボリューム測定ツール

取得した関連キーワードをキーワードボリューム測定ツールを使い調べていきます。

Googleのキーワードプランナーを使っていきます。Googleのサービスなので、Googleアカウントでログインしてください。

右側の「検索ボリュームと予測のデータを確認する」をクリックします。

ここに取得したキーワード一覧をコピペします。

このようになりますので、開始するをクリックします。

一覧が表示されるので、過去の指標をクリックします。すると月間平均検索ボリュームと競合性がわかります。
(Google広告に課金していない場合はアバウトなデータで表示されます)

右上にダウンロードマークがあるのでクリックします。

csvでダウンロードするとExcelでソートして見やすくなります。


キーワードボリュームが多い=ほぼ競合が多いです。

最初は月間で100〜1000のキーワード、かつ競合性が「中」「低」を狙うと上位表示されやすいです。

私はGoogle広告に課金しているので詳しいボリュームが出ますが、課金していなくてもアバウトですが数値が出ますので、最初はそれで問題ありません。

まとめ

ブログ運営のモチベーションの為にも、上位表示される記事を書きGoogleからの流入があるというのは必要です。

50記事書いてもどの記事も検索順位が100位前後だと心が折れてしまいます!

ご意見やコメントなどどしどしお待ちしております。Twitterからもどうぞ。

当サイトはDiverを使用しています
ワードプレステーマ【Diver】
使いやすさとデザインの豊富さが魅力
入力補助機能による圧倒的な使いやすさは初めてテーマを購入する人はもちろん、今までに他のテーマを購入した人でも必ず満足できます!
デザインの豊富さも魅力です。見出し・ボタン・アイコン・リストなど多くのデザインとカスタマイズ可能な配色設定でサイトの統一感を一層際立たせることが出来ます!
  • 17,980円(税込)
  • 複数サイトに使用可能
  • サポートが無期限・無制限
  • 今でも未完成、常に進化を続けている

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事