オススメ記事
読者を離さない!心理学を応用した記事の「つかみ」3パターン

とも
私は営業や管理職系の仕事経験が多いので、いかに人を動かすかについて心理学の本は相当読みました。自己啓発系のセミナーにも数十万円、自腹で投資しましたww おかげで営業成績を上げたり、人を巻き込み成果を出すことで順調に出世しています。

この記事では心理学を応用した記事の書き出し3パターンを紹介します。その3パターンとは・・

  • ストーリー型共感
  • リスト型共感
  • 会話型共感

です。

そもそも記事の書き出しの目的は?

いわゆる「つかみ」と言われる部分。これがなぜ必要なのか?

TV収録に例えると…

TV収録ではたいてい前座といわれる芸人が場を温めます。TV収録は見ず知らずの人たちが数十人集まります。
知らない人が隣に座っているので、面白くても声を出して笑いにくいのです。
そこで前座の芸人が場のぎこちない空気感を壊して温めるのです。

とも
ブログの「つかみ」とは何でしょうか?

読者との距離を縮めることです。

流入経路が検索結果からなのかSNSからなのかはわかりませんが、ユーザーのほとんどがリピーターということは少ないでしょう。

一見さんが、「おっ、このブログ面白い・タメになりそう・気になる」と思ってもらうことがブログでのつかみです。

このブログでのつかみは3パターンあります。

ブログでのつかみ3パターン

ブログの「つかみ」は3パターンに分類されます。

  • ストーリー型共感
  • リスト型共感
  • 会話型共感

ストーリー型共感

ストーリー型共感の例

軽く1杯だけと思って飲んだつもりが、気付けばもう3杯も飲んでしまった…。でも、なんか楽しくなってきたぞ。明日の午前中は特に予定もないし、久しぶりだからもうちょっと飲もう!
というくらい酒好きだった私が、あの日をきっかけにお酒をやめました。

というように、読者も「あるある~」と共感できることや、その先に「えっ?」と思うような驚きがあると100点満点です。

最低でも共感を得ることが大切です!その先の興味を惹けるとベスト!

営業でも世間話をしたり、お客さんが知らないことを教えてあげて興味を持ってもらうっていうのは多いですよね。

会話型共感

運営者
ブログは大変だよ。全然収益が上がらない。

とも
そうだね、1ヶ月30記事投稿するとか1日1記事じゃん。仕事しながらは無理!

運営者
せめて月10記事くらいが現実的だな・・

とも
それを1年続けたら120記事か。続けることが出来れば稼げる?

運営者
まぁ、50記事くらい書けば収益が発生するかも。

とも
月10記事×5か月の継続ならいけそうな気がするw まず何をやったらいい?

運営者
最初にやるべきことは・・・

ちょっと長くなりましたがww

同じことを言われたとしても、直接言われるのと、人づてに言われるのだと全然印象が違います。

心理学的になんちゃらかんちゃらっていうのですが(全然覚えてないw)それを使ったテクニックの応用みたいなものです。

電車で隣のカップルが話している内容がやけに気になるってことありません?w

つまり、そーゆうテクニックですw

リスト型共感

  • ブログを始めて6ヶ月以内だ
  • 収益が月1,000円未満だ
  • 投稿している記事は50記事未満だ
  • 1ヶ月のPVは3,000未満だ

全てに当てはまる人にはコチラの記事がオススメです。

この記事では「ブログを1年続けて月100円も稼げなかったのに、たった1つのことを変えたら翌月から月5,000円以上稼げるようになった方法」について解説しています。

リスト(箇条書き)はわかりやすいです。長々と文章を読まなくていいので読者もイメージがつきやすいです。

リストだけでも良いのですが、ベストはその先に誘導する結論を入れることです。

リストに該当することで読者との距離を縮めることが出来たので、その先のアクションを促しましょう。

とも
これも心理学のテクニックを使ってます。女性に手相を見せてと言って、この線は・・・とその女性に当てはまりそうなことを言うと大体「そうかも~」信じてもらえますw これは単に面と向かって「●●だよね~」って言うのとは全然違います。

その「つかみ」は読者を読みたい姿勢に出来ているか?

Twitterなどで有名なブロガーの記事を読むと、つかみは大体この3パターンに当てはまります。

どれがベストとかそういう正解は残念ながらありませんw

ブログは結論から書け!と書いている記事も多いですが、それも必ずしも正しいとは言えません。

こんな記事を書いてますが、私も全ての記事でこれが出来ているとは言えませんww

個人ブログではその人のキャラがあったり、記事の雰囲気っていうのがあります。なので、必ずしもこれらにこだわる必要もないです。

だけど知ってたら使えるテクニックなので覚えておいて損はないですww

まとめ

せっかく流入してくれた読者をいかに離さないか!

そこにこだわりましょうってことですね。

どんなに素晴らしい内容を書いていても、そこにたどり着くまえに離脱されたら意味ないですからww

ご意見やコメントなどどしどしお待ちしております。Twitterのフォローもお待ちしています。

当サイトはDiverを使用しています
ワードプレステーマ【Diver】
使いやすさとデザインの豊富さが魅力
入力補助機能による圧倒的な使いやすさは初めてテーマを購入する人はもちろん、今までに他のテーマを購入した人でも必ず満足できます!
デザインの豊富さも魅力です。見出し・ボタン・アイコン・リストなど多くのデザインとカスタマイズ可能な配色設定でサイトの統一感を一層際立たせることが出来ます!
  • 17,980円(税込)
  • 複数サイトに使用可能
  • サポートが無期限・無制限
  • 今でも未完成、常に進化を続けている

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事